洗濯技術を極めて快適な毎日を送ろう

主婦って毎日忙しいですよね。
家族の食事を作り、家の内外をきれいに保ち、洗濯をし、子供を育てるといった家事労働は、なかなか金額に換算される事はないですがかなりの労力を使います。
その上、散らかったもの、汚れたものを元の状態に戻すという仕事、つまりマイナスをゼロに戻す作業がほとんどなので、出来て当たり前という寂しい評価になりがちです。
こうした中で、主婦が仕事のモチベーションを維持していくのはとても大変な事です。
そんな家事のうち、主婦が比較的好きな家事に洗濯があります。
汚れた衣類をきれいに仕上げるのは、気持ち良さや達成感の得やすい労働だからでしょうか。
そして、最近はフローラル系、柑橘系など好きな香りを楽しめるよう、洗剤もバラエティに富んでいますね。
さらに、油性の汚れには洗剤の原液やアルコールを使って汚れを溶かしながら落とすだとか、タンパク質の汚れはお湯を使うと固まって取れにいので水を使って洗うなど、汚れの種類によって洗剤や洗い方を変えたりと、化学の実験にも通じる要素があります。
洗い方だけでなく、干し方にも工夫のしがいがあり、衣類を裏返した方が乾きやすかったり、脱水した後にもう一度乾いたバスタオルを1枚加えて脱水するだけで洗濯物の水分がかなり抜けるなど、どうしたら速くきれいに乾くかを、あれこれ試すのも楽しいものです。
バスタオルといえば、セーターを干す前にもバスタオルでくるくる巻いて水分を取ってから干すと型崩れがしにくくなるのでおすすめですよ。
このように、単に衣類をきれいにするという達成感から、その先の工夫によって得られる達成感まで、個人の極め方の度合いによってそれぞれ満足できそうです。
その技を進化させつつ、大切な衣類をきれいに仕上げ、ご機嫌な毎日を送りたいですね。
そんな忙しい主婦に役立つ情報が載っているサイトもあるので、そちらも是非参考にしましょう。*.。.*゚http://cleaning-point.com*.。.*゚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website